私の闇



自分より不幸な人に、身近にいて欲しいと思う。




群れる人を見ると、怖い。


避けられてるんじゃないか。
嫌われてるんじゃないか。
疎まれてるんじゃないか。

私なんかに話しかけられたら、外れくじ引いたも同然で。


それどころか…

私なんか、誰にも見えてないんじゃないか。

輝きたい!


もう限界だ!

私も輝きたい!

自信持って、堂々と生きていたい!

自分を好きになる方法なんて、ないんじゃないかと思う。



自分を好きになるには、


自分を認めてあげましょう
自分を許してあげましょう
完璧主義を捨てましょう
他人に優しくしましょう
今のままで充分幸せであると理解しましょう



とか。





本当に自分を嫌いになったことのない、幸せな人が言ってるんだろうなぁと思う。






どうしても自分が許せない。
何故なら、自分が嫌いだから。

だから、今の自分を認めてやるわけにはいかない。
自分がどうこうという次元の話じゃない。
今の私は子供たちや旦那さんに、心から笑いかけることができないんだ。
大切で大好きな子供たちにすら優しくできない。



優しくできないから、自分が嫌い。
笑えない自分が嫌い。
自分を好きになるために、他人に優しくできたとしても、子供たちに優しくできない自分をどう好きになればいい?
優しくしろと言われて優しくできれば、最初っからこんなに悩んでない。



完璧主義ってそもそも何?
何をもって完璧となる?

子供たちの前で笑いたい。
たったそれだけを願い、悩み、できずに泣いてばかりの私が、完璧を求めているのだとすれば、私の求めている完璧とは、一体何なのだろう。




何より、私は幸せだ。
それは分かっている。



落ち込めば、子供たちはみな、私を心配してくれる。
涙を拭いてくれる。
旦那さんはだまって家事を引き受けてくれる。
私はそれに甘え、思う存分泣いている。


本当に私は幸せ者だ。



ただ、そんな風に子供たちや旦那さんから幸せをもらっている自分が何より何より嫌いだ。

私が、みんなを幸せにしたいんだ。




そんな器をいっさい持ち合わせていない自分が嫌いなんだ。



純粋じゃないから。。。。。

画像



誰かの役に立ちたい。

それだけの純粋な感情でいられた時は、色んなことがうまく回っていた。



醜い見栄や打算

報酬を求めてしまったり



純粋でない感情が混ざると、途端に悪い方向へ物事が進みはじめてしまう。



不思議なんだけど、そうなんだ。



初心忘るべからず って、そういうこと?




人間て、難しいね。