諦める。そして、期間限定なら頑張れる。



諦める。

もう、こういう人間なんだから仕方ない。



自分が辛いなら、逃げることも悪くない。
でも、逃げられない、逃げてはいけないものもある。



だから、諦める。



諦めると、我慢が必要になる。
我慢は辛い。
先が見えない我慢は辛すぎる。



期間限定なら?
頑張れそうだ。




とりあえず、次男が高校を無事に卒業するまで。








あと、10年!

この記事へのコメント

2013年09月01日 13:34
人に頑張れって言葉で伝える事は本当に簡単です。
当事者は本当に日々辛いと思います。

私も辛い時は「今日1日だけ頑張ってみよう」何て言い聞かせながら日々を過ごす事があります。

お子さんに取ってお母さんは天使です。
すべてです。愛そのものです。時々、上手く気分転換を計りながら天使でいて下さい。

きっと、頑張って来て良かったと思える日が来ることを信じて!
2013年09月01日 13:43

他の過去ログも読ませて頂きました。

辛い心の内が伝わって来ました。
同じ境遇のお母さん、団体はないのでしょうか。

きっと、辛さが共感でき、心の負担が軽くなります。
以前、マジックの依頼で前橋でそのような会があったように思います。

泣きたい時は泣いてもいいよ
辛い時は辛いよーって叫んでもいいよ
苦しい時は苦しいよーって言ってもいいよ

息子さんは心の眼でお母さんの事をすべて理解しています。
言葉では表現できないかも知れませんが、心の中ではきっと感謝しています。

ハレ
2013年09月04日 13:59
こんにちわ。ハレです。
なごみさま、お返事ありがとうございました。
なごみさまがお返事に書いてくれた「自分を偽らず、心穏やかに・・」その文章を読んで、涙がでました。泣けて、泣けて、泣けました。
どれだけの人がそう望んでいるんだろう。
そう生きれていない私は泣けて、仕方ありませんでした。

なごみさま、ハレは思うのです。
「大きな喜びは無くていい。ただ、日々の生活のなかで ふっと自然と笑みがこぼれるような・・そんなそんな小さな小さな幸せがほしいだけ」と。
自分が何かを努力し、達成しなければそんなことすら起きず、気づかない人生。
子どもは言わないだけでお見通し。
受け入れたくなくても受け入れなければならない現実。恐怖。
無性に現実から逃れたくなる自分の情けなさ。幼さ。弱さ。

いろんなものを乗り越えるだけの、生きる力がほしいです。

なごみさま、ハレはこちらにお邪魔してリアル世界で叫べない心をここでお話させてもらっています。なごみさま・・。迷惑でなければまたお邪魔してもいいですか?
2013年09月05日 13:23
羅輝さん、コメントありがとうございます。

そして温かい励ましのお言葉ありがとうございます。
同じ養護学校の親御さんや、療育仲間など、痛みを分かち合える人たちはおりますが、みなさん、辛くても明るく頑張っておられる方々ばかりです。
私も表向きは…明るく頑張っている母親を『演じて』います。

そんな自分の本当の気持ちの置き場に悩んでいる感じです。
辛いとか、苦しいとか、言っちゃいけない環境を私自身が作ってしまったんですね。

言える自分になりたいです。

2013年09月05日 13:31
ハレさん、コメントありがとうございます。

迷惑だなんてとんでもないです!
ハレさんのコメント、本当に嬉しいです。
共感してくれる人、生きるヒントをくれる人、一緒に頑張ってくれる人、その頑張りを認めてくれる人、

身近にいるようでなかなか居ない。

ハレさんの話もいっぱい聞かせてもらいたいです。

この記事へのトラックバック